あたしが泣きながら荷物をまとめても
ぽんは崩れることなく笑顔でここを出て行ったけど
なにも忘れないし忘れたいとも思わない

一緒に過ごした時間を大事に想うし
ぽんにはほんとに感謝してる

本当にぽんと一緒になりたかったよ





密度がなさ過ぎてすきなのかどうかも実感わかない

これはすきなのか?

上手くやっていく自信もない

普通の人と感覚が違い過ぎる彼は






そんなのが理由で
渡したくないって言われても
少しの愛情も感じない

ぽんのおっぱいで寝たいのは今もそう

連絡取らないから実感わかないのも
ほんとにこれでいいのか疑問に思ってるのも確かにそう

ぽんにいたずらするのがすきだった






ぽんの誕生日

出会ったときは44歳、22歳だったのに
ぽんは今日で47歳、あたしは25歳になってしまった

出会ってからで数えると三年が経つ

ずっとぽんに甘えていたかったよ






今日は寝ても寝ても睡魔が止まん

ぽんと会えるのだけが楽しみで生きてた
この二年半くらい


それが変わろうとしてる

嬉しいような、悲しいような

早く嬉しいだけの気持ちになりたい






会いたいと言われると、心が揺れる

ごめんねって気持ちと
感じる必要のない罪悪感と
ほんとはあたしも会いたいって気持ち

でも前に進みたいのも本当


だらしなくていいなら好き勝手しとくけど
そういうわけにいかないから結果がこれだ






ぽんと過ごした時間をいつになったら越えれるかな

ぽんみたいに全てを受け入れてくれるだろうか

早く来週ならんかな